図書・ビデオ
リンク
お問い合わせ
アクセス
MAP
〒013-0046 秋田県横手市神明町1-9
横手駅から、徒歩約10分
羽後交通「神明町」停留所から、すぐ
TEL:0182-33-7018
指定管理者
秋田県南地域のNPOや市民活動を応援、推進する中間支援組織です。
秋田県南NPOセンター

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

平成29年度センターからのお知らせ

 

平成29年7月14日

平成29年度センター自主事業

小松川いきいきサロン(横手市山内)を訪問しました!

職員による朗読劇では、認知症・悪徳商法を題材に、地域や家庭で日常に起こりうる「こんな時どうしたらいいのか。」を改めて考えました。また、センターで作成した「男女共同参画かるた」を行い、かるたの句を通して身近に男女共同参画を考える機会となったようです。

DSC_0003.JPGDSC_0036.JPG

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

平成29年7月1日。

ハーモニーフェスタ2017in YUZAWAを開催しました!

平成29年6月24日(土)湯沢市役所1階市民ロビーにて盛大に開催されました。今年度の男女共同参画社会づくり表彰は、ハーモニー賞は横手市の団体で「少子化について学ぶ会」さん、チャレンジ賞は潟上市の農業委員 高橋京子さんが受賞されました。

特別講演では、シュフ芸人の「中村シュフ」を講師に迎え、「主夫になってはじめてわかった主婦のこと」と題し、主夫となった経緯や、家事をデザインし子育てをしながら妻を支えている様子を楽しくお話いただきました。フェスタはオープニングから地元小学生の合唱や、クラウンショーなどもあり、たくさんの親子連れの参加者で賑わいました。最後のハーモニーフォーラムでは、中村シュフもパネラーとして出演され、日頃の家庭での生活や夫婦についてオープンなトークで盛り上がりました。男女共同参画は特別な事でなく日頃の生活の中にあるんだと、たくさんの参加者に気付いてもらえたのではないかと感じるフェスタでした。

DSC_0104 (2).JPGDSC_0134.JPG

 


 

 

 

 

DSC_0186.JPG

DSC_0244.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 


 

平成29年6月21日

SKMBT_C22417062114130_0001.jpg「シングルマザーのおしゃべりカフェ2017inYOKOTE」

【10月15日(日)14:00~16:00】

秋田市を主に活動している「CoCoすた」さんが横手で初開催!

県南にお住まいのシングルマザーの方、気軽に遊びにきてください。

お茶を飲みながらおしゃべりをしませんか。託児もできますので、ご相談ください。

 

 

 

 

 

 


 

 

 

平成29年6月6日

6月は男女共同参画推進月間です!

センターでは、6月1日~6月30日の間「男女共同参画かるた」や、おすすめ図書の展示をしています。また、登録団体さんの作品展示(横手かまくら吟社さん、横手ばら会さん)も併せて行っておりますので、是非この機会にセンターに足をお運びください。

「男女共同参画かるた」は貸出しも行っておりますので、ご利用ください。


自主映画上映会開催のお知らせ!!(イベント情報でご覧ください)


IMG_8076.JPGIMG_8136.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

平成29年5月19日

平成29年度第1回センター利用者懇談会を開催しました!

日時:平成29年5月17日(水)午後1時半から3時

場所:南部ハーモニープラザ オープンスペース

当日は、20団体総勢24名の参加がありました。南部男女共同参画センターと南部市民活動サポートセンターの今年度の事業の説明のほか、協議としてコピー会計、センターに対する要望については参加者の方々よりたくさんのご意見をいただきました。グループ懇談会では、今年度のハーモニープラザまつりの新しいアイディアを和やかに話合いました。

利用者懇談会(第1回) 001.JPG利用者懇談会(第1回) 007.JPG



 

 

 

 

 


 

 

内閣府からのお知らせです

●平成29年度「男女共同参画週間」キャッチフレーズを決定しました!

“男で○、女で○、共同作業で◎。”


内閣府では、「女性も男性も、自らの意思により個性と能力を発揮して活躍できる職場を作るためのキャッチフレーズ」を募集し、応募総数3,050点の中から、審査の結果、以下の3作品を選びました。〔募集期間:1月12日~2月28日〕
(1)最優秀作品 「男で○、女で○、共同作業で◎。」 土橋義広さん(埼玉県)
※「○」の読み方 : まる / 「◎」の読み方 : にじゅうまる
(2)優秀作品 「働きやすいと、生きやすい。」 河野稔さん(東京都)
(3)優秀作品 「ダイバーシティ 絶賛推進中!」 高地利昭さん(静岡県)
最優秀作品は、男女共同参画週間のポスターの他、男女共同参画局サイトや全国各地での関連行事の広報活動等で使用します。

男性と女性が、職場で、学校で、地域で、家庭で、それぞれの個性と能力を発揮できる「男女共同参画社会」を実現するためには 政府や地方公共団体だけでなく、国民のみなさん一人ひとりの取組が必要です。
私たちのまわりの男女のパートナーシップについて、この機会に考えてみませんか?

※男女共同参画週間の実施について
6月23日から29日までの1週間は、「男女共同参画週間」です。
本年度は、「男で○、女で○、共同作業で◎。」というキャッチフレーズの下、男女共同参画社会の実現に向けた各種広報啓発活動等を実施します。
この週間の中央行事として、「男女共同参画社会づくりに向けての全国会議」を6月21日(水)に東京国際フォーラム ホールC(東京都千代田区)において開催するほか、地方公共団体や女性団体その他の関係団体の協力の下に、男女共同参画社会の実現に向けた各種行事及び広報啓発活動を行います。

※男女共同参画週間、キャッチフレーズの詳細は以下のサイトをご覧ください。

 http://www.gender.go.jp/public/week/index.html